クレクレタコラ 独自性
9 月 03

最近面白いと思って毎週視聴することを試みた野球アニメONE OUTSがあります。
でも、深夜放送なのでいつも録画です。
ところが、先月の世界陸上が開催されている期間は、
テレビ番組の録画予約をすべて解除し、世界陸上一色の録画を行っていました。
そのため、気がついたときには手遅れです。
また、放送時間がずれると録画対応できないというレコーダー機能です。

見逃した話をネット上の公開動画から探しました。
いろいろなところから視聴が可能で、日本のサイトもあれば、韓国、西洋圏のものかと
思うところもあり、また、視聴可能サイトが増えているようにも思いました。

時間を考えれば1回に2話程度と思ったものの、見ていない番組はすくなかったので
数日で視聴を終えました。

時間を考えれば、ピンポイントでネットの公開番組を見るほうが助かります。
反対にテレビを視聴する場合は、録画です。(ニュースは別)
世界陸上も普通に見れば6時間ですが、早送りを使ってポイントを絞ると
1時間で終わります。
しかし、疲れます。

雑誌やネットの情報をみるとテレビ番組も放送から配信に変わりつつあるのか、
新たに配信分野の確立を目指しているのかテレビ局、携帯キャリア、通信事業会社、
ゲーム機器作成会社などがその方面へのサービス提供に力を入れているようです。

通信回線などのインフラ面も大きく変化しているようだし、映像の分野でもそのようです。
新聞かチラシに100年に1度の大変化と見出しがあったように思います。
本田のレーシングチームの技術者をこの変化の中に投入したといった記事内容が
あったように思います。

取り巻く生活環境の変化を肌身に感じます。

daifuku

written by daifuku