カラスの行水 燃費
5 月 13

気が付くと、家にはいろいろなジャンルの紙媒体が存在し、限られた本棚や机周辺のスペースが一杯になりました。

整理したいと思い不要な紙媒体のリサイクルを始めて数ヶ月経ちます。

1枚1枚確認して、証明書や原本などは手元に残し、そうでないものはリサイクル、見返すかも知れないと思うものはスキャンしてデータとして残すようにしました。

安価な一体型のプリンタなので、1枚スキャンするだけでも時間が掛かかります。

手元にある紙の取扱説明書をネットで探して、ダウンロードできる場合は、ダウンロード後にはリサイクルし、できないものはスキャンしてリサイクルしています。

あるとき2年前の管理組合議事録が出てきて、管理組合で決定してルールの理由が分かりました。

見返すことがあるかもしれないという程度のものをPC内に保存しているのでディスクの領域が無駄になっているように思うのですが、本棚や机周辺がすっきりし、スペースができて整理できるとディスクのことは気にならず、気持ちが良くなります。

保険の契約でもらったパンフレットなどもネットでダウンロードできることも分かりました。

紙で印刷されている本も、ばらばらにして電子書籍にするというサービスも見つけました。

サービスを利用すれば、本棚が相当すっきりしますが、本は本として利用するほうが目の負担も少なく済むので、本の電子化を行なう予定はありません。

1日のうち10分とか30分程度しかスキャンしていないし、また、時間があるときだけなので、今年中には電子化整理に一区切りつけたいと思っています。

ただ、見返すかも知れないと思って保存したものも、見返したというものは、まだ一つもありません。

daifuku

written by daifuku