8 月 18

shuttle XS36V
これはIntelのatomプロセッサーを搭載した小型PCです
 メーカーのホームページはこちらです
   http://www.shuttle-japan.jp/barebone/slim/xs36v

基本スペック
モデル名: XS36V
CPU: Intel Atom D2700 デュアルコア
チップセット: IntelR NM10 Express Chipset
ドライブベイ: 2.5インチ SATA HDD×1
対応OS: windows 7 32bit (64bitは非対応)
対応メモリー: DDR3-1066 SO-DIMM ×2(最大4GB)
外形寸法: 200×160×36 mm
電源: 40WACアダプター

ファンレス仕様となっているため静かです
それとは引き換えに高温になります。

XS36Vを使うにはディスクとメモリーを別途用意しなくてはなりません
それと、OSインストールの方法にもよりますがUSB接続のDVDドライブがあると楽です。

とりあえずXS36Vと4GBのメモリー1枚を買いました、その他必要なものは手持ち品で賄います。

どうして、このXS36Vを使う事にしたのか
理由→ 小型、省エネ、Linuxで使えそう、安かった(メモリーと合わせて18,000円くらい)。

対応OSではないのですが仮設用Linuxサーバーとして使う予定でセットアップを進めます
購入前に心配していたのは予定しているCentOS5.4で上手く動くかどうかです。

このNM10 Expressのことを知らないので下手をするとディスクの転送速度が極端に悪い可能性があります、
LANチップはJMICRONのjmc251が搭載されていますがlinux用のドライバーがあるのかどうかが自分にとっての心配事です。

軽くネットで検索してみたらNM10 Expressの方はICH7の延長線的なモノらしく省電力化が図られているらしい、そしてjmc251ドライバーもLinux用にメーカーから提供されているらしい、CentOS6.2系はLANも動いたようなことが書かれていたので何とかな?。

CentOS5.4の32bit版をインストールしますけどメモリーは4GB載せてますからkernel-PAEの方が自動でインストールされます。
確かCentOS5.2までは手動でkernel-PAEをインストールする必要があったと記憶しているのですが5.4では自動的に入ります。

私の場合、Linuxはtextモードでインストールし実使用においてもGUIは必要ないのでXwindowはインストールしません。

このCentOS5.4をインストールしている最中に普段なら聞いてくるはずのネットワークに関する画面が出なかったのでLANは認識できなかったようです(やはりCentOS5.4ではドライバーが標準で用意されていないみたい)。

インストールが完了してもネットに繋がらないとなんもできんじやないかってことで探しました。
海外のサイトでjmc251用のkernerl-PAEに対応したドライバーをrpmで提供しているのを発見したためそれを使いました。

もちろんJMICRONのサイトでも幾つかソースが提供されてましたけどmakeしてみたらエラーしてPAEには対応できないみたいでした。

参考までに書いておくと
elrepoと書かれたサイトです
そこからこの kmod-jme-PAE-1.0.7.1-1.el5.elrepo.i686.rpm をダウンロードしました。

その他はhdparmをしてみたら動きますがエラーを吐くので、ついでにアップデートしました。
CentOS5.4にはhdparmの6系が入っていたと思うのですがソースを探したら9系が出ていたのでそれを入手し入れ替えました。

転送速度は100MB/sですが、これは現用中のAtom機の75MB/sよりは速いから妥当と判断しました。こんなに低い数字でもバ社やア社の高速NASと称する製品よりも遥かに良好なファイルサーバーとしての実力がありますから上等ですよ。

ここでちょっと気になる事

蓋を開けて中を見ますと、んー かなり厳しいな コネクタが多すぎる、これじゃ長期連続運用には適さないぞって感じました。とにかくコネクタはトラブルの元です。

最初、メモリーとHDDを取り付けて起動させてみました
が、うんともすんとも 全く起動してくる様子はありませんでした

ほー これは不良品だな 所詮この手の製品はこんなもんかなって思いましたが
しばし考えてメモリーの取り付けスロットを変更してみたところ無事起動しました。

メモリースロットは2つありますが、それの基板側に挿していたらダメでしたが外側に替えたらうまく行きました。1スロットしか使わないなら外側に挿さないとダメなのかもしれませんね。

それと、ついでに温度も計測してみました
起動後早い時期にCPU付近は熱くなります、本体は立てて使うようにデザインされていて上部にヒートパイプの放熱フィンがあります、ここを計ると58度を少し超えてますね、室温は26度での計測です。
ファンを使って冷やす事を考えたほうがいいかも知れません。
放熱器も熱いですけど基板も高温になってますからコンデンサーが持つかどうか疑問です。
直接日の当たるような場所や明らかに高温になる場所へ設置するのはマズイでしょうね。

消費電力は12Wから15Wでかなり省エネ効果が期待できます。

boss

written by boss

12 月 25

流石というか やはり日本のメーカーさんは安心できる

サーバーにはUPSを併用しています
そのUPSのメーカーは何社かの中からサーバー規模に応じて使い分けています

たまたまオムロン製のUPSを「今は知りませんが以前はAPCのOEMもあったような気がしますがそれは除いて」何社かと自社の小型サーバーに利用しています。

たまたまとは書きましたが仕様が気に入って採用したんですが
それらの電源管理ソフトにはSimpleShutdownとしうのを使っています
これは電源管理に専用のコンピュータを必要としないのとGUI機能を搭載していないサーバーにスタンドアローンで利用できる便利さがあります
一台のUPSで複数のサーバーを管理するにはLAN管理型が便利ですが、そうでない時はこれに限ります。

実はこのSimpleShutdownは使っているバージョンに何か問題でもあるのかメモリーを浪費し続けてやがて食い尽くします
メモリーリークでもしているのでは?
そんな動作をします

cronで定期的にDaemonの再起動をすれば最悪なトラブルは回避出来ますが、電源管理の小さな常駐プログラムが1ヶ月で500MBもメモリーを使うのは正常なはずがありません。

そこで先日のこと、メーカーのサポートにメールしてみました
さっきそれの返事が届き、添付のファイルと入替えて試して欲しいとの事
早速作業をし現在様子をみています

起動後の僅かな経過時間ですが
少なくとも起動時の様子からして以前よりも快調です
しばらく様子をみないと改善されたかどうかの結論は出せませんが
少なくとも私はこのオムロンさんの対応に感謝です。

こういう姿勢が次もまたオムロン製品を使おうと思わせる地道な作業だと感じます。

boss

written by boss

12 月 14

最近まで気付かなかったのがこれの設定

いつもは変更をするとpostgresの権限でreloadすれば反映されるし簡易説明にもそう書かれている
ところがある事については起動しなおしが必要みたい
よーく読んだら、場合によっては再起動が必要とあった
 ふーん なるほどね

ビックリしたのは再起動を必要とする内容を変更する時は手順があるみたい
起動したまま設定を変更しrestartをかけても
面白い事に正常終了すらしないこと
プロセスは異常終了のような状態となり中途半端な状況が発生する

そこで、正しい手順は
設定を変更する前に先にpostmasterを停止させる
これも初心者は気をつけてよ
下手に単純にstopコマンドを送るとデーターが欠落するかもしれないから
メモリー内のバッファーを書込みして終了するようなコマンドで停止をかける事
※最近のバージョンはこんなの必要ないのかもしれないが・・・・  ねんのため

停止をしたところで設定を変更し起動させる

これで設定が反映される

知っている人は知っているが
知らない私は一瞬焦った。

boss

written by boss

10 月 18

毎日定時にデーターの複製を作っています
つまりバックアップのことです。

OSはCentOS5.2を使っていてバックアップ作業には以前にも書いたようにrsyncを使っています
このサーバーには1GBのメモリーを載せていてswapには2GB設定しています
毎日のバックアップでswapの利用量が増大し続けていました
数十MB単位で増え続けます
もちろんメモリーは搭載容量を目一杯使っています
この調子だとメモリーを解放する日が来るとは思えないから精神的に悪いですね

それで、昨日メモリーを増設して2GBにしました
サーバーにとって無駄な容量なんですがrsyncが浪費するから仕方ないということでの対処です。

1日経過して使用メモリーを調べたら早速搭載容量一杯に近い約2GBが使われていました
キャッシュやバッファーのことを考慮すればswapしない限りはOSが上手に有効配分利用するから気にする必要はありません
swapはしていなかったのでこれで良しとするのもいいのかも知れず・・・

因みにバックアップしているファイル数をカウントしてみると たかが72万ファイルです
毎日増え続けるファイルですからこの程度でこの状況だと先が思いやれます

CentOS5.2のrsyncはrsync-2.6.8-3.1で標準のままだとこれより新しいのは提供されていないようでした
ネットで調べるとrsync-3系はメモリーを無駄食いしなで動作も速くなったと書いてありました
rpm版があればそれを使おうと思ったのですが探すのも面倒なのでソースから入れることにしました。

そこでrpm版のrsyncをuninstallしてDLしてきた最新のrsync-3.06.tar.gzをinstallしました
作業は簡単です
先に rpm -e rsync   これでuninstallしてから
tar xzfv rsync-3.06.tar.gz    ソースを解凍
./configure
make
make install
たったこれだけの事です
バイナリーは /usr/local/bin にインストールしたと表示がでたのでcronの設定を変更して完了です。

早速手動にてrsyncをしてみました
おー いい感じですね メモリーの無駄食いは無くなりました
処理も早くなっています
正確に計測はしていませんが時計をみたところ以前のバージョンよりも30%程度早くなったと思います

とりあえず今回の目的は達成したので一件落着です。

rsyncをダウロードするにはここから可能です
http://rsync.samba.org/download.html

boss

written by boss

8 月 22

【さらに省エネ化】
社内用のサーバーは省エネを目指してかなりチャンガラなハード構成にしました
最初は外付けUSB接続RAID機能搭載3.5インチHDD仕様の製品をデーター保存用にしていましたが、更に省エネを目指すためにそれは止めて2.5インチHDDにしました。

2.5インチHDDは信頼性が低いことを想定して次の方法で構成しています
最初にデータ保存用に2.5インチHDDを筐体に内蔵させました、システム用とは別に独立した形です、これをsambaで共有設定しました。
このままではHDDが壊れたときに泣きをみるのでバックアップとしてUSB接続の2.5インチHDDを外付けで利用します。

【事前準備だけで疲れた】
筐体が小さいのとSATAポートが足りないためこれ以上は内蔵できません、そのためUSBで外部接続です。
市販の外付けUSB/HDD製品よりも安く収めるためバルクのHDDとそれを入れるケースを買いました、2.5インチSATA/HDDをUSBに変換し外部記憶装置として利用出来るようにする商品です

私が買った商品は「鎌蔵2」って書いてあります、僅か980円で売ってましたけど外見は綺麗ですが中身は激しくボロいというか粗悪で、とにかくHDDを入れようと思い基板を見たらこれが激しく汚い
仕方なく半田のやり直しと基板の洗浄を先に行いました
イモ半田とブリッジしてそうな下手な作業、そしてフラックスによる基板の汚れ、明らかにこれ以上は無いだろうと言うほどの安物半田で手作業の商品と見受けました。
せっかく買ってきたのに接続した途端に火を吹くのも嫌なのでそれらの余計な作業を行った後に壊れても良いHDDと捨てる前のパソコンに接続して使えることを確認し本番に臨みました。
もっと凄いことにHDDを入れるとケースの長さが僅かに足りない様子で完全に入りきりません。
熱伝導に優れたアルミボディと書かれていますが、実際のところHDDをこのケースに取り付けるのではなく入れているだけなので宙ぶらりんでして、熱伝導云々の次元には達していません
まあこんな程度の商品は他にもごちゃまんとありますから珍しいことではありません。
【定期コピーでバックアップ】
USB接続の外部HDDをまずフォーマットします

接続するとsddに割当されたので
場合によっては画面に表示されないこともあるらしいので fdisk -l ってすると確認できるはずです

fdisk /dev/sdd   ←これで必要な作業をする
 fdiskでプライマリーパーテーション1に設定し500GB全部を割当しました。

続いてフォーマットもしておきます、ここでは意図的にLVM形式での管理はせず普通に済ませました。
mkfs -t ext3 /dev/sdd1

これをマウントするのにディレクトリーを用意をします
mkdir -p /backup
こんな感じで用意したところへ先ほどのsdd1をマウントします
mount /dev/sdd1 /backup

sambaで設定した共有場所は /home2 以下にしているのでこの下を全部 /backup へコピーします
一回目は動作チェックの必要もあるのでコマンドラインから直接作業しました
rsync -a /home2/ /backup/    ←たったこれだけのことです

 rsyncのオプションには-aのみ指定しました、これで必要なモノは足りるはずです。
完全に同期された状態を作りたい方は –delete を追加するといいです
私の場合は削除したあとで元のファイルが欲しくなった時を想定して–deleteは設定しないつもりです。

一回目のバックアップは全てのファイル類を書き込むので時間がかかりますが2回目以降は変更のあったファイルのみ上書き、および新規のファイルは追加されるので短時間で完了します
試しに合計107GBほどある多数のファイルとフォルダーはどれくらいでコピーするのか計って見たら1時間50分
ほどで完了しました。

毎回手打ちも面倒ですから自動でお仕事させましょう、これをcronに設定すればOKです

crontab -e  で開いて以下を追記しました

5 1 * * * rsync -a /home2/ /backup/

毎日夜中の1時5分に開始の設定です。

boss

written by boss