9 月 25

Mini-ITXがすごい進化してるので使ってみました
選んだのはこれ→ ASUSのP8Z77-I DELUXE 詳細はここらに載ってます

必要なものは全て搭載されているから私は満足してます。

次に、これを入れるケースを物色していたらサイズとデザインでS790H-200W(株式会社ファスト)にしました。

見るからにお粗末な電源ユニットが内蔵されていますがこの製品に限らず電源付きPCケースはどれを見ても似たような傾向です。

ODD(平たく言うとDVDドライブのこと)はスリムタイプ(ノートパソコン用)でHDDは2.5インチを使う事になります
HDDは2箇所搭載スペースが用意されていますがODDの下は電源ユニットもあり熱的に不利なため、ここは空きスペースとし後方部CPU上に取付金具が用意されているので、そこを使いました。

電源ユニットから出ている電源ケーブルがちょっと届きそうにないのとHDD用SATAケーブルは付属していないので電源とSATAコネクタが一体型になったケーブルを別途用意しました。

P8Z77-I DELUXEのSATAコネクターの位置の都合でS790H-200Wに付属のODD用接続ケーブルはマザーボード側がL型のため取り回しが悪く別途ストレートタイプを用意しました。

CPUはi5-2500K、メモリーは8GBとしWindows7の64bitを使用
P8Z77-I DELUXEはMini-ITXですが拡張スロットが少ないだけで基本性能はとても良いと思います。
心配なのは電源ユニットです、それもあってマザーボード側のレギュレーターがしっかりした作りのマザーボードを選択しました。

どんな感じに仕上がるのかOSのインストールを始める事にします。

おー 一発目から驚きました
煩い 煩すぎるぞ ファンの音が半端なく煩いです
騒音を我慢してとにかくセットアップを続けます、OSや必要なソフト類をインストールして一旦電源を切り、温度の上がり具合と騒音の原因を調べる事にしました。

心配したとおり電源ユニットはかなり熱くなりますね、煩いファンは電源ユニット内の冷却用でした。

電源を分解してファンを調べました、40ミリ角10ミリ厚が使われててファンコントロールはされていません、軸受けが悪いです、回転部分のバランスもかなりずれてますね、煩いしファンとしての能力はとても低いと感じます。

この電源ユニット内のファンとは別に筐体内の冷却用にもう一つ60ミリ角で15ミリ厚のものが取り付けられています、これは吸出し用に取り付けられています。

この2つのファンを取り替えました、吸出し用の60ミリ角の方は国産の信頼性の高いものに交換しました厚みも25ミリにしましたがギリギリ取り付けできました、ついでに風の向きを電源ユニットに吹き付ける形で取り付けました。
電源ユニット内のも国産にしたかったんですけど入手できなかったので幾つか選んだ中で良さそうなものを一旦分解して軸受けの注油をやり直して取り付けました。

この結果、静かになったのと電源ユニットの外側の温度は最初よりも格段に低い状態を維持できるようになりました(肝心な電源ユニット内部の温度はそれなりに上昇はするはずですが極度な高温にはなりにくいと思います)。

話が本題からずれてしまいましたがこの頃のMini-ITXは楽しめることが分かりました、少なくとも私がメインで使っている2年くらい前に組み立てたタワーモデルよりもP8Z77-I DELUXEの方が高性能です。

Windows7に標準で搭載されているエクスペリエンス インデックスで計測した時のがこれですp8z77

 チップセット内蔵のグラフィック能力でもこれくらいの数字がでれば十分実用性能です
プロセッサの7.5はCPUなりの能力評価と感じますが
メモリーの評価が7.8と、とても高いみたいです
ここは容量を多くしただけではこの数字はそんなに上がりませんからマザーボードのバランスが良いのでしょう。
その他、HDDの接続についてはP8Z77I自体は6Gb/sのポートが用意されていますが、今回使ったHDDが3Gb/sのタイプなので7200rpm仕様とはいっても毎度お馴染みの5.9に留まっています。

今回は私にとって初めてのマザーボードを利用しましたのと小さいケースを選んだのでクーリングについて気になりました
そこでマザーボードに付属のユーティリティでCPU温度を表示させてみたところ通常利用で41度くらいです(室内温度26度)。
少し負荷をかけてみたところ(全コア100%の状態にして)51度くらいに上がりました、この時のVcoreが1.14Vくらいでした
長時間こんなに負荷をかけることもないので平常時はVcoreが0.84V程度で41度あたりを維持しています
このマザーボードは負荷に応じて電力管理が上手く行われているみたいなので良好な部類だと判断しました。

 ついでに今回のパソコンの消費電力は45W前後です、最大負荷時は90Wを超えることもありましたが・・・

 Mini-ITXと言えばATOM搭載モデル程度かと思っていたら、いつの間にか進化してたんですね。

 

余談ですが
この頃 京楽はゼブラが出ても当たりません。

akb48

AKB48

boss

written by boss

5 月 24

Windows7でアプリケーションソフト(以降アプリと表記)を多重起動できないことに気付きちょっとあわててしまった。

マイクロソフトの製品は手持ちの範囲で試したところ多重起動ができます
ただし、起動させるときのクリック場所によっては動作が異なるようです
たとえば、タスクバーにあるIEは普通にマウスクリックしても多重起動しませんが「シフトキー」を押したままクリックすれば多重起動ができます。

私は同じソフトを複数起動させることがよくあるので、これができないと不便というか作業性がとっても悪くイライラします。

エディターの秀丸はごく普通に多重起動で使えているので気にならなかったんです
試しに秀丸もタスクバーにショートカットを置くと多重起動できないのでWindows7のタスクバーの仕様はXPとはずいぶん異なる動作のようです。
私は秀丸の使用頻度が高いのでキーボードの不要なボタンに割り当てて押せば一発起動という設定にしています。

次に多重起動を多用しているアプリはブラウザーのSleipnirです
Sleipnirはそのままだと何をしても多重起動できませんでした
これはとってもマズイです

秀丸とSleipnirはどちらもタブ形式をサポートしていて多重起動は必要ないのかもしれませんが異なる情報を同時に表示させて見比べるにはどうしても多重起動が都合がいいのです。

ここ数日はSleipnirとIE8でなんとか誤魔化していましたがIE8のお間抜けさに付き合ってられないので次第に不便さが高まりSleipnirの多重起動に挑戦してみました。

本来あるSleipnirの
ツール → Sleipnirオプション → 全般 ここには「クライアントの多重起動を許可する」という項目はあるのですがWindows7ではグレーアウトしていて選択できません
いろいろ調べるとSleipnirのファイルが置かれているbinフォルダーにファイル名に「Sleipnir.MultiInstance」として空のファイルを配置すれば「クライアントの多重起動を許可する」が選択された状態になりました、ただしグレーアウトしたままではあります。
これでSleipnirも多重起動ができるようになりました。

boss

written by boss

5 月 21

Windows7の初期値としてはメーラーが搭載されていません
その他、従来はIEに依存していたWindowsUpdateについては独立した機能として用意されています。

昨日の午後に思い切ってパソコンを入れ替えました
もちろん移行が完了していないので今までのパソコンは後ろのテーブルに置いてすぐ使えるようにしています。

いつもならパソコンを入れ替えても特に支障はなかったんですけど
今回は手間ですねぇー

それはWindows自体の問題よりも使っているソフトが手間を必要とするからです
例えばAdobeの製品
これのライセンス切り替えをしなくてはなりません
それから、IEに組込型の証書で認証をしている特定接続先への設定などが足を引っ張ります
しかも、IE8はまだサポートしている様子がないため悩みどころです。

用意はしていたものの実際にパソコンの入れ替えは困るなーと思い決意しないままズルズルと・・・
まあ きりがないのでとにかく前に進まなきゃってことで決意したのが昨日の午後

さて、実務でWindows7を使っていて不便を感じているのがメーラーです
仕事のメインではOutlookを使っていますが、それ以外の各種メンテ用としては従来OutlookExpressを使っていました、今回からはこれに代わってWindowsLiveメールというのを使うことになります。

このWindowsLiveメールはデーターの整理が苦手な方には便利かもしれません、
登録するメールアカウントが1つとか2つとか少ない方には問題ないと思いますが、
私は仕事の都合で多数登録する必要があり逆に使いにくいと感じています。

データー整理に慣れている私には今回のWindowsLiveメールはどうでもいいくらい使いにくさを感じます
登録したアカウントがすべて左側の縦一列にダーッと表示されます
誰が見ても一目瞭然と言えるのでしょうし、アカウント毎に独立管理された構造は論理的ではありますが合理的ではありません、私にとっては邪魔な機能というか余計なお世話です
それと従来は送受信となっていたボタンが同期という表記になっていて戸惑いました。

仕事で使っていて不満なのはAEROの機能「これは解除すれば問題なし」とメニューやツールバーの文字が大きすぎることです、文字サイズの変更については裏技でも研究してアレンジしたいと思います。

boss

written by boss

4 月 25

昨日に続いてWindows7-64bit版での諸々を追記

今操作していて思い出したのがIEのこと
IEは何故か32bitと64bitの2種類が搭載されている感じで普通に起動すると32bit版らしいのが起動します。
で、よーく見ると64bitと追記されているIE8があります
んー 不思議ですね なんのためでしょうかね
とりあえず、私はIEは使いませんが64bit版の方を使う様にショートカットを表に出しておきました。

それから、仮想マシーンのXPにプリンタードライバーを入れましたが、なんだかシャクなので誤魔化して使っちゃえってことでこんな事をしてみました。

まずメーカーのサイトからWindows7-64bit版対応のプリンタードライバーをDLします
具体的に書きますと
使いたいのはキャノンのLBP-840なんです
これには純正のLANカードを追加していますのでパラレル接続ではありません
パラレルだと上手く行かないかもしれませんね「試してません」
DLするのはLIPS4ドライバーですが経験的にプリンターが違っても動く確率が高い組合せがあるのでLIPS4のver12.7、Windows7-64bit対応を使いました
DLするファイルはsetup付きではなくてinfファイルから手動でインストールタイプの方を選びます

先にデスクトップかどこか分かり易いところに解凍しておきます
続いて、Windows7の「デバイスとプリンター」を起動してプリンターの追加をクリックするとポップアップした画面でLAN接続のプリンターを探させるといくつか(複数りLANプリンターが設置されている場合)LAN上にあるプリンターを表示しますので、その中から目的のものを選びドライバーのインストールを行います。

ドライバーは先ほど解凍したファイルの場所を指定すればOKです
次にリストから適当なのを選びます、この場合使っている旧式のプリンターとよく似た仕様のものを選べばOKです、私はとりあえずLBP-840と基本仕様を合わせるためにLBP-1420を選びました。

プリンターコマンドの違いでエラーする事もあると思いますし用紙の余白だのあれこれ問題があるかもしれませんね、でも気にしません殆どの場合は正常に印刷出来るのを確認したので素直に喜びましょう。

この方法でゼロックスのカラー複合機も使える可能性があります
では、早速試してみましょう
実は現用中の機種の方が新製品よりもドライバーの癖として都合がいいのですが使えないより使える事を優先してチャレンジしてみます
※正しい表現は知りませんけど、新しいドライバーはデーターのオーバーフロー処理が勝手に行われるために正しく印字できないことがありますが旧式用のドライバーはその処理が異なるため結果的に正常に印刷を完了できます、この事はメーカーへも問合せして確認しているので嘘ではありません。

キャノンと同様にダウンロードしたドライバーはDocu Centre Ⅱ C3300のファイルを利用してみました。
ゼロックスのプリンタードライバーはインストール時に自動でプリンターを探しに行きますがドライバーに該当した機種のみがリストされる様になっているため自動セットアップはできません。
その為、DLしたファイルを解凍すると開始されるインストールメニューはキャンセルして手動で作業を進めます。
このへんの流れはキャノンの時と同じで、ディスク使用を選んで解凍先の目的のフォルダーを指定すればいつも通りに進めます。

手動でインストールすれば途中でエラーする事も無くとりあえず完了できます
注意点としては自動でインストールするときはプリンターとFAXのドライバーがセットで入りますけど手動の場合はそれぞれ個別にインストールする事になっています
ここではプリンターだけ使うのでFAXと書かれていないのを選択してインストールしました。

さてさて、インストールできたのでテストプリントをしてみましょう
やったね ばっちり動きました
ついでにFAXドライバーも入れてパソコンからFAX送信が使える様にしてみよう
とりあえずインストールはしたが試しに送りつける相手が日曜日なのでいませんからテストはまた今度。

こんな感じでプリンタードライバーも64bit版へ対応できたのでXPモードは必要なくなりつつあります
ただし、この手法はあくまでも自己責任です
それとプリンター機器の入替えまでの繋ぎとしては充分かと思います
少なくとも普通に使えているのでこのまま長い間使えると思いますしね

社内にはUSB接続のプリンターは例えあったとしても全てLAN接続していますのでUSBやパラレル接続でも上手く行くかどうかはわかりません
しかも昨今はユーザーが迷わない様にインストーラーが機種毎に作られているのでUSBやパラレル接続ではさらに工夫が必要かもしれません。

新しいOSに対応した周辺機器を用意できる方には必要の無い苦労や工夫ですけど
そうではない時にはこんな方法もありますよってことでプリンター問題は完全解決と致します。

boss

written by boss

4 月 24

時期をみて現用中のWindowsXPpro-32bitからWindows7professional-64bit(W7-64)へ移行するつもりで時々ソフトの設定を進めてます。

このW7-64機は最初から面白い現象がありまして
起動させてしばらくすると「バチッ バリバリ バリッ」って凄い音がします
身近で例えると静電気で凄い音がするでしょ
そう、あの音を何倍か大きくして、しかも何度か続くと思ってくださいな

最初はそのタイミングで勝手にリブートしてました
ビデオカードがちょいボロを使ったから?
特に気にもせずいましたが設定中に横で大きな音でビックリするので鬱陶しくなりビデオカードはそれなりに気の利いたのと取替えました、もちろんビデオパフォーマンスは相当アップしましたけどゲームしないのでどうでもいい事なんです、それにAEROの機能には興味無いので・・・

ところが
その後も激しい音が不定期で発生します
もしかして まさかねー このマザーボードはヒートパイプ式の冷却システムになっていて加熱するチップを冷却するために各チップ上に取り付けられたヒートシンクはパイプで繋がっています
これが熱による伸縮で位置ズレでも起こすときの音かな? と考えてみたりもしました
とにかく凄い音がする
筐体の横蓋をあけて観察していたら
ん? あれ 電源から発生している気がする 怪しい

先ほど、近所で買ってきまして取替えてみました
あはは どうやら 調子良いみたいです
原因は電源に問題があったようです
安物の電源を最初使っていたのですが内部で破裂しなかっただけラッキーだったかもしれません。

話しは原点に帰って
すぐにW7-64と入換えないのはプリンタードライバーが無いからです
社内で使っているプリンターで常用したい白黒レーザープリンターとカラー複合機の2台はメーカーの方針により提供予定は無いようです。
ある程度年式の新しいプリンターはW7の64bitに対応したのがリリースされていました
仮想マシーンとしてWindowsXPとLinuxをセットアップしたので手間ですけど仮想マシーンのXPにプリンタードライバーをインストールして使うしかありませんね。

それとW7は面白い事に管理者権限で使っているつもりですが一部のコマンドは利用出来ません
それをするにはソフトを起動するときに管理者として起動すれば利用可能になります
こんなところも今までの経験と違うところです。

64bitのOSになって何かメリットがあったかと言うと
今のところ特になんもありません
3.4GB以上のメモリーを認識することくらいでしょうか
まあ仮想マシーンにメモリーを充分に割当てることができるので助かりますけど
今まで使ってきたソフトが更に快適になったとは全く思いません
快適に感じるとしたらCPUパワーに助けられているだけの事です。

特に64bitの恩恵が殆ど感じられないので、これなら32bit版はPAEモードのカーネルで提供してくれれば搭載メモリーを増やせるのに・・・

boss

written by boss