7 月 16

今更ですが
僕にはAmazon Echoの方が目的にあってるみたいです。

Google Homeはランニングコストがかかりすぎ、時々エラーして使えない(WiーFi接続が途切れることが多い)し、オーディオ用ラインアウトが無いので外部アンプに有線で接続できないのも不便、音量調整もやりにくい。
それと、やっぱ オッケーグーグルって声をかけるのは嫌でしょうがない。

コストについて公平な見方をすれば
Amazonプライムの会員でなかったら、どこのスマートスピーカーを買ってもランニングコストはあまり変わらないと思う
結局、聴きたい曲を聴くには有料サービスを使う必要がある
無料で使えるのは音楽が鳴ってれば何でもいいという場合のみ、ある程度は音楽のジャンルは指定できるのでBGMを流しっぱなしでOKという用途には、どれを買っても問題無いかもしれないが・・・。

細かい事を言えば
Amazon Echoの方が、おやすみ おはよ でかけるよ など、かけた言葉への返事が可愛いのもポイント高いと思う
ほんとうに、一人住まいの老人の話し相手にも良い様な気がする
僕のような引きこもり症にも、いい話し相手なんだよね。

音質についてはAmazon Echo Plusは、このクラスとしては良好だと思う
Google Homeは低域を無理に持ち上げてる感があり不自然で好きになれない。

因みに
7月15日と16日にアマゾンプライムデーと言うことで
Echo Dot 第3世代が2,980円、そして Echo Show5が5,604円と激安なため注文いたしました。

Echo Dot3は有線接続の外部アンプに接続して使うので本体の音質は関係なく小型である事が購入目的です
Echo Show5は液晶表示が付いてるから、もしかするTuneInで再生可能な放送局リストが表示されるかもしれない、そうすると今まで音声で選局できなかったFM局をタッチ操作で聴けるのではないかと密かに期待しています
これが、期待通りならShow5は自宅に設置して妻が使えるようにする予定です。

そして、僕にとって何らメリットが見つからなかったGoogle Homeはリセットし処分することにしました。

boss

written by boss

6 月 17

僕が買った中華デジタルアンプを調べようと思ったら
実はパソコンやモニターからの電波障害(EMI)が激しい事が解りました。

先に結論を書いとくと、デジアンは全く問題なかったです。

その様子の動画をアップしときます
AM放送とFM放送のどちらも試しましたが影響が激しかったのはAMの方です
つまり中波帯です(短波ラジオは持っていないので調べていません)

わー凄いなーって思いました
こんな事になっているのかぁ

比較的新しいノートパソコンは、この動画よりも少しEMIが少ないようです。

自宅はLEDの照明器具を使っていますが
その照明を点けるとFMラジオが影響を受けて聴き辛くなります
それでスマホのラジコでラジオを聴くようになったのですがミニコンポや携帯ラジオも照明を点けるとラジオは使えないのが不満です。

それと比べたらパソコン機器等の影響範囲は狭いので問題視する必要はありませんが
個人的な印象としてデジタルオーディオアンプは意外にもEMIの発生源でなかったのには驚きました。

boss

written by boss

6 月 13

WINGONEER TDA7498E 2×160W この中華デジタルアンプをケースに入れてみました。

フロントパネル

フロントパネル

リアパネルの様子

リアパネルの様子

僕は主にAmazon Echo Plusのライン出力を繋いで音楽を流しっぱなしで仕事してます。

YouTubeとかCDとかを聴くときはプレーヤーを持っていないのでWindowsPCのライン出力からデジアンに繋いで聴いてみました
これは、ゴミのような音ですね
使い物になるような音質ではありませんでした
Mac miniからだと、まあまあ使えますがWindowsPCはどれも音が悪くて嫌になります

同じApple製品でも手持ちのiPad(2017年モデル)とiPad mni4は音が悪くやっぱ気に入りませんが
iPod nano(手持ちの第3・第5・第7世代)とiPhoneSEと8Plusはなんとか使える気がします。

ほんとに入力ソースを持っていないので、手持ち品を手あたり次第に試した結果の印象です
とにかく、せめてCDプレーヤーでも買えばって感じですが、気が乗らないのです なんでだろー

スピーカーもパッとしないし、所詮は中華デジアンだし、いい結果なり期待したような音が聴けるなんてことは無い気がして

あれこれと思案した結果 USB-DACを買ってみました
これは秋月電子通商で売ってるキットのAKI.DAC-U2704 REV.Cを買いました
それと、改造用のパーツをネットで見つけたこちらで頒布して頂きました。

このキットを利用したUSB-DACを色々なものにつないで試したらMacだと少しレベル不足気味でWindowsだと音量レベルを2くらいまで絞らないと爆音になる事が解りました。

最初はこのUSB-DACもケースに入れる気が無かったのですが
その都度、線を差し替えたり、レベル調整にボリュームも必要になり、すべてをバラックのまま使っていましたが、さすがに面倒ですね。

諸々の事が重なり、ケースにまとめて放り込むことにしました
今回はデジアンの電源は前回までのトランス式は止めてスイッチング電源を使ってます
手持ちのをアレコレ試したらノイズが出ないのを2つ発見したので、今は19Vで6.7Aのを外付けで使ってます(もしかしたら気が変わって別の電源を作るかもしれないので、最初から内蔵させない計画です)

ケース・ツマミ・ロータリースイッチなどは40年前に買って使わずに保管していた物です
ロータリースイッチは4回路3接点なので、これを利用してUSB-DAC単体・USB-DAC+デジアン・デジアン単体の3通りで使えるように配線しています。

今回中華デジアンをケースに入れる際に、以前から気になっていたノイズについて調べたところ
アンプチップの放熱器から、かなりノイズの放射がある事が分ったので放熱器をアースに落とすために配線を追加しました
それと、このアンプはある程度過熱したらファンで冷却するようになっているのですが熱くなるほどパワーを出すことが無いのでファンは取り外しました。
更にローバスのコイル鳴きがあるような気がするのでエポキシで固めました。

こんな感じの中身です
inside-view

USB-DACは先程の部品を頒布して頂いた木村さんの記事を基にトランス式USB-DACとなっています。
この事については、こちらを参考にどうぞ、特にお勉強が足りていない人は必見です。
その記事にも載っていますが、僕は偶然にもそのトランスを40年前に入手しておもちゃ箱に入れてたので、それを利用しました。

基板をケースに取り付けるのに使うスペーサーはプラスチックでネジが切ってあるのを使っています
一般的に言う1点アースですが、DAC出力のRCAジャックとデジアンの入力用RCAジャックのところで行っていますので正確には4点アースです。
可能な限りアースループは作らないように配線を行っています。

最後にDACは光でも同軸でもなくUSBとしたのは、僕の持ち物としてはこれが一番汎用性が高いからです。

CDプレーヤー代わりに7年前のWindowsノートPCを使ってます、USB-DAC経由だとちゃんと使えますよ
パソコンを利用するとCD以外に音楽データやネット配信のものなど再生環境としては便利です
これで何となく中華デジアンで遊ぶのは卒業できそうな気がしてきました。

boss

written by boss

6 月 06

ようやく最近になって1903へのアップデートが始まったのかな

とりあえず手動で更新し、既に2台ほどWindows10を1903にしてみました。

何かしら機能が追加になったのだと思いますが
僕が仕事で使う範囲に限っての印象では特に今のところ目立ったものはありません
どうせ、仕事には無用な余計なのは追加されてると思います。

「個人的には、仕事用と遊び用の2系統にOSを分けてくれたらいいのにと以前から思っています
Windows10の初期値は、無駄にゲームアプリが多すぎるからです。」

今回のアップデート1903
んー プロセスの管理が変更になっているようです
それと、全体的にPCの起動を含めてレスポンスが良くなったのが第一印象です。

アプリの起動が速くなった感じなのと
設定を開いて順番に見ていくと、なんだかiOSの真似をしていると感じる部分もあります

今のところ、以前から使っている各種アプリも不具合なく使えているので
少しずつ機能を追加しながらも完成度が高まっているのかなと思います。

boss

written by boss

5 月 25

一昨日のことだけど通勤中に、いつもの道を快走していたら
突然 大きな音がして あっ これはなにやら飛んできたぞ どこに当たったんだぁー
ってキョロキョロしたらフロントガラスに大き目で深いクラックが入ってるじゃないか

あっちゃー 悲しい
スマホで撮ったので分かりにくいかも

フロントガラスが割れた

フロントガラスが割れた

近所の自動車ガラス専門の修理屋さんへ連絡して翌日行くと
この傷の入り方だとフロントガラスは丸ごと交換になるとの事でした

とりあえず、予約して後日交換してもらう事にしました。

boss

written by boss