11 月 10

今回はどうしてかなぁ ちょっと気分が乗らない
部品は揃っているというのに・・・
でっ シャーシーを加工してしまえばやる気になるかなと思って加工を始めた。

アルミシャーシは奥澤ってところから買いましたよ
ネットで注文しても返事が来ない、書かれている番号にFAXで送ろうとしたら使われていない番号・・・

ブッ なんだこりゃぁ
会社案内を見て電話したら繋がったので会社案内に記載されているFAXに注文書を送ってようやく買えました
電話がつながると発送はとても早くて翌日には到着
今回のシャーシサイズは250×120で高さは55ミリのO-28っていう型番のモノです。

今回は方眼紙じゃなくてPCで図面ソフトを使って位置出しをした紙をシャーシに貼ってポンチで印をつける流れて加工開始です。

気持ちのノリが悪いまま、仕事中の余った時間にボーっとしてても無駄だから、無理やりシャーシ加工を始めようってことで取り掛かったはいいのですが、何がどうしたんだろう、何かが降りてくるどころか集中しないままバシバシ穴を開けていたら失敗してしまいました トホホ・・・

ドジってしまった

ドジってしまった

これ、分かりますかぁ?
んー ここは3ミリのネジ穴なんですが油圧パンチ用の10ミリを開けてしまった
なにやってんだよー

めんどくせー  余計な仕事を増やしちゃったな

悶々としてても始まらないので、そのまま加工を進めてこんな感じになりました

これ何とかしないとね

これ何とかしないとね

いろんな方法があるとは思うけど、別のプレートを加工して隠すことにしました
2ミリ厚のアルミ板を加工したものと大穴用の1ミリ厚スペーサーを作りました。

誤魔化し用のプレートとスペーサー

誤魔化し用のプレートとスペーサー

このミスで落ち込んだ気持ちをなんとかするために
各種部品を取り付けて行くことにします
2ミリ厚のプレートをあてがって裏から見るとこうなってて

外からは気付かれないけど

外からは気付かれないけど

これにスペーサーをかまして真空管のソケットをガッチリ取付できるようにします

スペーサーを入れたところ

スペーサーを入れたところ

ソケットと合わせてネジ止めするとこんな感じに誤魔化せてます

なんとかなりそう

なんとかなりそう

シャーシを含めて塗装する気は無いので、とにかくこれで何とかなるのではと思い、トランス類を取り付けます。
ついでに6SN7の大中古球を挿してみたりして気分を味わいます。

仮組で雰囲気を味わうぞ

仮組で雰囲気を味わうぞ

それにしても今回は、イメージがわかないのでシャーシの裏側を眺めては実装時の配線など取り回しを想像するが・・・

なんか先に進めない
かなり長い時間がかかったけどようやく配線や基板実装のイメージが湧いてきたので、いつものタイトの端子台を接着剤で止めて、これで作業は一旦終了です。

配線に向けてイメトレ中

配線に向けてイメトレ中

どっちにしてもリップルフィルター用FETの放熱にシャーシ止めするので、少なくともあと2つは3ミリの穴を開けますが、僕は配線途中で必要な所に追加の穴を開けるのは、いつもの事なのでこのまま配線に突入すると思います。

とりあえずは、このまま眺めてもう少しイメージを高めたいと思ってます。

boss

written by boss

10 月 26

次のアンプ制作にはトランジスタも使うからhFEでも測って特性を揃えた方がいいのだろうと思いジャンク箱をかき回してでっちあげてみた。

hFEを測定するには苦労しなくてもAmazonあたりで安く売ってるよ・・・
にも拘わらず自分で作る気になったのはには理由がある

ジャンク箱には使う予定の無い2sK192Aが捨てるほど余ってること
そして、ここがポイントなんだけど、どうやらトランジスタの種類によっては微小のベース電流ではうまく計測できないみたい

とは言っても、真面目にかっこよく作ろうなんてことは1ミリも思ってない
バラックに毛が生えた程度でOK
それと、増幅率を正確に知る必要も無く特性の選別ができるだけで十分なのだ

ネットで検索するとベース電流に10μAで計測する回路が多数載っていますね
しかも切替回路を使ってNPNとPNPに対応したものなどみんな工夫されています
僕は無精者なのと目的が明確なので割り切った回路構成としました。

計測するトランジスタのベースには25μA・100μA・1mAの3系統を用意しました
抵抗を切り替えてどうのこうのなんてことはしません
なんせ2SK192が捨てるほどあるので個別に用意します

そして、被測定トランジスタのコレクタ電流を読むためのメーターを装備する方もいますけど
これもバカ臭いので全体の電流を読んでいます。

で、回路図がこんな感じです
hfe-tester
とにかく単純明快ですね
ソケットに挿す場所を変えることで各電流での測定をします。

必要とする電圧はかなり広範囲で使えます、3Vから16Vくらいの範囲で試しましたが、なんでもいいみたいで5Vから8Vくらいで使えばいいのでしないでしょうか
僕の場合は以前に作った実験用電源が電圧と電流が解るようになっているから下の画像のような使い方で利用できます。

2sc458-25μAでhfe計測

2sc458-25μAでhfe計測


2sc458-100μAでhfe計測

2sc458-100μAでhfe計測


2sc458-1mAでhfe計測

2sc458-1mAでhfe計測

2sc2752L-100μAでhfe計測

2sc2752L-100μAでhfe計測


2sc2752L-1mAでhfe計測

2sc2752L-1mAでhfe計測

小信号用トランジスタの2SC458は25μAと100μAでのhFEは似た傾向で220倍くらいですが、1mAだと123.8倍となり動作点でhFEが変化すると思われます。

続いて2SC2752Lは規格表ではhFE30から60のランクだったのですが100μAでは正しく計測できないようです、1mAだと33.2なので規格の範囲内なのかなと思います。

この事から考えると小信号用トランジスタとパワートランジスタでは必要な計測ベース電流がかなり違うので市販の安いhFEテスタでは何の役にも立たない気がします。
(既に買って使ってる人にはごめんなさい)

boss

written by boss

10 月 23

先日ネットで注文していたトランスが届いたので並べてたみた

KmB100F2とKA-14-54Pと6SN7とか

KmB100F2とKA-14-54Pと6SN7とか

こんな感じで配線とかを想像しながら悶々と・・・

昔から作ってみたかった、6SN7か12H7Aを終段に使ったアンプ
この写真に写ってるのは6SN7の方ですが、共通しているのは双3極管でプレート損失も意外と大きいこと

トランスは持ってないから買いました
電源トランスはKmB100F2と出力トランスはKA-14-54Pです、春日無線変圧器のトランスです。

今回も前段は半導体で構成するので見た目はシンプルです
しかもOPTは小さいので並べてみても何やらチンチクリンな感じがしてます。

回路は んー 考えるの面倒なので おんにょさんの記事を真似て作ろうかと思います。

まっ とりあえず 考えている間が楽しい訳で いつ作り始めるかは決めていません。

boss

written by boss

10 月 17

前回40年前に作った6V6シングルアンプを最近になってハイブリッド化したことを書いたけど
その出てきた音が気に入ったことからシャーシを少し小型なものに変更しまた。

主要部品を外した以前のものと新しくなったものの様子がこれ

以前の6V6シングルアンプのシャーシ

以前の6V6シングルアンプのシャーシ

なんか、そのうちテスト用に使えるような気がします

で、あたらしいのこっち

6V6シングルアンプ改2

6V6シングルアンプ改2

こんな感じで奥行きが5㎝短くなって幅300×奥行150となりました
今回は思うところあって入力のRCA端子も正面に付けてます。

アルミシャーシの加工から概ね完成までを一気にだーっと

方眼紙で位置決めしポンチを打つ

方眼紙で位置決めしポンチを打つ

穴開け加工は楽しくない

穴開け加工は楽しくない

主要部品を付けて配線引き回しなどを妄想する

主要部品を付けて配線引き回しなどを妄想する

6v6-シングルアンプ 完成?

6v6-シングルアンプ 完成?

こんな感じでしょうかね

回路図を一応だけど載せときます
先に言うと、毎日のように呆れるほど定数も変更したしトランジスタもFETもあれもこれも変えた、
最終的に言えるのは、今日はこの回路であり定数です
記入している電圧は1次側の100Vが102Vから106Vあたりまで、計測の度に違うので参考程度に考えてください
少しくらい違ってもなんら音の違いはありませんから。

回路図

6v6 ハイブリッド式シングルアンプ

6v6 ハイブリッド式シングルアンプ

UL接続から3結にしました、もちろん5結も試しました、音的には3結が好みのモノでした。

実はこれ1ヶ月も前に作り替えは終わり、毎日のようにこのアンプで音楽を聴いてますが、その時に測定してみたらどうにも気になる事があって毎日のように試行錯誤の繰り返しが続いてるんです、呆れるほど思いつく限り試し続けています。

その、測定結果の気に入らない、解決できない部分については以下に画像を貼り付けときます。

1. 入力・ドライブ段・出力の3か所を計測(1KHz)

1KHzでの入力・ドライブ出力・OPT出力部の波形

1KHzでの入力・ドライブ出力・OPT出力部の波形

このあたりは問題は無し。

2. 60Hzでの波形です、ドライブ段のは邪魔なので非表示にしてます

60Hzでの入力・出力波形

60Hzでの入力・出力波形

解りますか? 波形は青色の左上あたりから崩れていきます、以下に20Hzまで何枚か載せますので気付くと思います。

40Hz 歪んでいるのがはっきりとわかります

40Hz 歪んでいるのが見えてきましたね

30Hzだとコレ

30Hzだとコレ

20Hzでは、こんなに歪んでます

20Hzでは、こんなに歪んでます

ついでに15Hzの時はこれ

ついでに15Hzの時はこれ

10Hzは・・・ もー見たくないよね

10Hzは・・・ もー見たくないよね

こんなに変なんですよ、60Hzから下は何をどうしようがダメです

6V6のグリッドにR9/10KΩは試しに入れてみただけで特に意味はありません
定電流回路の抵抗は28Ωから30Ωに変更しました、27Ωやその他試したけど30Ωの時が音的に気に入ってます。
上記の波形の通り、測定上はダメなんだけど、出てくる音はとても好みの音がするので複雑な心境です
カソード周りのバイパスコンデンサは以下の図のように変更してみましたところ15Hzあたりまで歪みは小さくなりましたが、肝心な音は悪くなりました。カソードに入れたパスコンの1000μFがチャンガラ過ぎたのも原因かもしれませんが、定電流回路独特のあの音がしなくなって平坦な味気の無い物となったため直ぐに止めて元に戻しました。

これがダメだったパスコンの入れ方の図です

6v6 カソード周りのパスコン

6v6 カソード周りのパスコン

それと、6V6は3結にしていますがプレートとSGを直結にしていたら無負荷の時に発進気味だったので現在は220Ωをかましてます。

初回からの変更点は大雑把に言うと3点のみ
1. Q1の動作電流を上げるためにソース側の抵抗100Ωを50Ωに変更
2. 6V6の定電流回路で28Ωから30Ωに変更しカソード電流を減らした
3. クロストーク改善用にC7を追加

低域特性がこんな状態なので、あんまり真面目には計測していないのですがクロストークは80dBくらい確保できています、残留ノイズは0.1mV未満です。

ついでにまさかの出来事なんですが、ここに使っているH-5Sはタンゴのトランスですけど、40年前に新品で買ったものです
今回、計測していて気づいたんですけど、トランス泣きします7KHzから9KHz辺りにかけてピーって泣くんです、2個ともそうです。

まあ なんであれ、今の僕のスキルではこのアンプの低域特性を直すことができません
このblogにコメント機能は付けていませんが、どなたかご存知の方がいたら教えてほしいです(メールで教えて)

boss

written by boss

9 月 03

たまには仕事の空撮ネタを少しだけ

離陸前に空撮現場を下見したら、建造物って独特の迫力と美があるんだと思った

なんだか古代遺跡の発掘現場みたいで(見に行ったことは無いのだが何となく・・・)

この日は、めずらしく撮影に熱が入った

bridged1

bridged2

動画を載せるわけに行かないので静止画(しかも小さく)で失礼します。

boss

written by boss