公園マニア 社内設備点検
7 月 31

いーえ 単なる経費削減です、節電にチャレンジ
結果的にCO2削減に繋がればいいのでは・・・?

社内には24時間連続稼動させている装置がたくさんあります
サーバーを冷やすために24時間エアコンも動いてます
このエアコンとサーバーを省エネ型に変更すると確実に効果は期待出来ます。
全ての照明器具をLED式にしたいのですが、今はまだ高額なので将来の予定としておきます。

ただ、エアコンは新しいのに交換すると業務用は当然安くはないので入替え費用のことを考えれば、このまま数年は現状維持が得策と判断しサーバーの一部を省エネ型に変更することにしました。

現在約240Wの消費電力のサーバーを60Wを目標に計画し計算してみるとこうなります
差が180Wですから24時間で4.32KWとして1ヶ月30日計算で行きますと
1ヶ月間の消費電力は129.6KWの削減と考えられます
1kWあたり22円で計算しているサイトが多のですが、領収書の数字を元に単純計算したら当社では1kWあたり26円+のようです
仮に26円としましょうか
129.6KWの場合、1ヶ月の電気代は3,370円程度と予想されます

ハッキリ言ってたいしたことはないのです
因みに1年だと365日ですから4.32KW×365日=1576.8KWなので 40,996.8円に該当するわけです

年間41,000円として考えても努力するほどの金額とも思えません

もし、これを読んだ誰かがこのことをご自身にあてはめた時にヒントになるとすれば毎日180Wを節約すると年間4万円程度節約できるよってことです
そのまんまですな

実は今回の計画していることを現実的にお伝えすると、多数の装置を省エネ合理化して1日あたり19KWほど節電する作業をしています。
1ヶ月を30日として570KWの節電です、26円で計算すると1ヶ月あたり14,820円の節約です
呑み代と比べたらいけません 夢がなくなりますからね
社内にあるサーバーは新旧分けて計画すると新型の方は既に省エネ志向のタイプなので現状が最善で残るは旧型を合理化することです
旧型は7台稼働中なので、これをなんとか工夫して目標の1日当り19KWの削減をしたいと思います。

最初の方に書いた、どうやって240Wの装置を60Wに落とせるのかは次回にご報告いたします。

boss

written by boss