最近の攻撃は SQL Server 2005 Expressの自動バックアップ
11 月 10

いつも悪夢は突然

携帯電話に掛かってきた内容は
「なんかサーバーの設置場所でアラームが鳴ってるんだけど・・・」

なんてこった

 

そろそろ入れ替える計画で新サーバーは準備中でした
これにSQL Server 2005 expressをもインストールし移行をする予定だったのですが
先に既存のサーバーが壊れてしまい昨日の午後から散々な思いをすることになりました。

あまりにも苦労して新型へ移行したので疲れ果てて細々と説明する気にもなりませんが危機は乗り越えました。

壊れたサーバーはHDDを含めてかなりの部品が不良になっていたため
どんなに頑張っても起動させることはできませんでした

幸い、自動でバックアップデーターを吐き出すようにしていたので
最近の不調を予感したお客様はきちんとコピーを取っておいてくれたおかげで救われました
正確に言うと救われたのは私ではなくてお客様の方です。

古いOSに古いSQLserverをインストールし当時の状態に近いものを用意し
一旦、それでデーターを復元し正常に使えることを確認し新型へ移行作業を行いました。

MSDE2000aとEnterpriseManagerでできていたことが
今回のSQL Server 2005 expressとSQL Server Management Studio Expressでは機能が絞られていてメンテはしにくいのが解りました
気の利いたことをしたければ上のクラスを買えということのようです
不思議なことにSQLの処理速度は古いSQL Serverの方が速いようです

SQL Server Management Studio Expressではバックアップのスケジューリングができないようです
これは痛いですね、しかしコマンドライン操作は提供されていたと思うので
バッチファイルでも作ってタスクマネージャーにでも登録すれば何とかなるかもしれません。

おかげさまで寝不足です。

boss

written by boss